2017-09-10から1日間の記事一覧

命短し恋せよ乙女/弥生美術館

もうかれこれふた月近くまえのことになってしまうのですが、弥生美術館で開催されている「命短し恋せよ乙女」展へ足を運んできたのです。 おそらく心に少女や乙女を心に飼っている者にとって、あの美術館へと訪うのはひどく楽しく美しい時間なのではないでし…

赤い靴へのあこがれ

幼いころから、いつか赤い靴が似合う女のひとになりたいと思っていた。 そんな憧れでちいさな胸をいっぱいにふくらませていたわたしに、祖父が赤い靴のキイホルダーを買ってくれたことがある。リボンがついたハイヒールのお靴のそれはとってもかわいくて、小…

永遠の少女標本(6)――キャロライン・ブラックウッド

キャロライン・ブラックウッド(Caroline Blackwood, 1931年7月1日-1996年2月14日) 英国の作家。 想像し創造した少女。 貴族の娘として生まれた彼女は、その高潔な血から花ひらき、やがては女王のように咲き誇る高貴な美貌を生まれながらにそなえていた。 …

昼も夜も、夢に遊ぶ病

昼も夜もなく昨日も明日もなく、夢に遊ぶ病。蝙蝠の時間が墜ちてくる白昼。銀箔に瞬く真夜中。そこに架空の国がある。自分自身が夢の王たるその王国は、うつつの経験が脳に蓄積され処理し残した記憶からできている。けれどもそれだけではない。 変幻自在、縦…